2015.06.30

KMCファンド連携、中小製造業を本格支援 6/29日刊工業 

6月29日日刊工業新聞に、KMCは中小製造業向けの事業再生・技術支援を本格的に行うことを発表した。具体的には、投資ファンドや金融機関と連携して伸び悩んでいる製造業の立て直しや事業承継・企業合併を計画している企業の再生に取り組む。KMC代表の佐藤をはじめとする多くの技術陣は、120社以上の大手製造メーカの技術コンサルテイングの経験があり、開発期間の短縮や金型納期短縮、コストダウン、生産性向上に対する革新的な仕組みとシステムを提供している。公認会計士もメンバーに加わり、ここ数年投資ファンドや金融機関から、対象会社の技術の目利き(事業課題と伸び代)依頼や買収後の再生に向けた成長戦略の立案や実務コンサルの依頼が増えてきた。長年培った技術コンサル経験と大手自動車メーカなどが採用している金型電子カルテやナレッジ電承等のシステム導入で原価低減を行い、更には、KMCの技術コンサル先の優良顧客とのビジネスマッチング・人材紹介などで売り上げを向上させ、事業再生・成長に導く。最近のとして、中国、タイ、インドネシアなどの海外工場の利益低下にともなう構造改革や、メキシコ、インドなどへの海外進出の相談にも応じている。記事では、投資ファンドJ-STARと国上精機工業の成長戦略支援が紹介されている。また、神奈川、千葉、埼玉などの再生協議会の認定も受け各地域の中小企業支援を本格化する。

株式会社KMC 代表取締役 佐藤声喜