2015.08.17

8月4日 中国・大連進出セミナー 講演

川崎市産業振興センター/神奈川県/JETRO横浜主催の中国大連進出セミナーにお招きいただき、「中国等海外進出企業の課題とICT/IoTの活用と今後の課題」と題して講演をさせて頂きました。主催者様、ご参加された皆様に御礼申し上げます。小職も日系の中国・大連工場の技術コンサルの経験があります。人件費の高騰で損益を圧迫してきたのと、生産手法が古いことが大きな課題です。自動車メーカは、Tier1だけでなくTier2まで直接工場監査を行ってダメだしをしています。新規受注を獲得し競争に勝つには、安かろう、悪かろうから、どうしても日本品質・生産性向上に舵を切る必要があります。そのためには、国内の品質・生産管理をICT/IoTでレベルアップし、人件費に左右されない自動化技術で原価低減を図る必要があります。結局は、国内と海外の連携をうまくやる会社が生き残るのではないでしょうか。M2Mと通信はその距離を埋める手段です。

KMC代表取締役社長 佐藤声喜