2016.03.11

さいたま市日独IoTセミナー講演3月4日

3月4日、さいたま市、ドイツバイエルン州日本代表部、独立行政法人日本貿易振興会主催のセミナーにて講演をさせて頂きました。さいたま市国際展開支援セミナー、テーマは「日独ものづくり中小企業連携による世界市場への挑戦」~第4次産業革命 中小企業が挑戦すべきことは?~という題で、多くの県内企業様や関係者が参加され盛大に行われました。清水さいたま市長、さいたま市経済局中村課長のご挨拶の後に、Dr.ゲルテインガー氏(バイエルン州駐日代表部代表)と小職の講演、山縣理事長のリードのもと、JETRO山口所長代理、(株)きもと笹川リーダーも参画されパネルディスカッションを行い活発な意見交換をしました。ドイツは、政府や大学、クラスターをしっかり構成し「TOP-DOWN」で進めているそうで、私からは、日本は現場を大事にするカルチャーがあり、その現場ノウハウを上流にフィードバックするBOTTOM-UP」型の日本版IoTが取り組まれている事例発表を行いました。電子カルテらナレッジ電承は現場発のIoTシステムとして多くの企業様に導入頂いております。講演では、ドイツと対照的に映ったかもしれませんが、システム導入や予算化の上でTOPの理解は不可欠で、日本も、ちょうど政府の「ものづくり補助金」が公募中で、IoT枠で補助金上限が3倍になり、今中小企業がIoTを導入する絶好のチャンスです。 KMC代表取締役社長佐藤声喜