2016.05.10

次世代知能制御装置Σ軍師m&i発表 日刊工業新聞5/10付

5月10日付け日刊工業新聞に、Windouws対応32軸同時制御PCコントローラΣ軍師mと工場の生産ラインのロギングデータや各種センサー情報を自動収集するΣ軍師iを発表しました。早速、大きな反響とお問い合わせをいただきましてこの場をお借りして御礼申し上げます。カタログ等ご要望の方はこの本お問い合わせアドレスにてご依頼ください。Σ軍師とは、工場の司令塔の役割りを担う装置です。Σ軍師mは、32軸同時制御と加減速制御、ハイパーループ機能、穴加工最短経路機能などの高速加工機能を備え、自動車や医療部品の量産加工専用機用コントローラとして経産省サポイン事業にて開発しました。実証実験でも加工時間40%削減や、Σ軍師m1台で複数台の工作機械を同時にタイムラグなしに各軸をコントロールできることが証明されました。一方Σ軍師iは、スマート工場にむけた成形・プレス、鋳造、加工機等の工場内の生産機ログや生産モニタリングのための各種後付センサーまですべての情報収集を行う専用装置です。既存システムでは1台に一個のPLCが必要で上位に情報集約PCが必要となるが、Σ軍師iは工場用PCで1台で1008点まで情報収集可能だ。データの編集、保存、削除、異常警告機能が用意されている。生産ラインの稼働率、生産ログ変動からの不良予知、警告が現場で確認でき、上位の生産電子カルテ、金型・部品電子カルテと連動してスマート工場の生産の見える化を実現している。 代表取締役社長 佐藤声喜