2016.05.11

H27サポイン リアルタイム制御システム「Σ軍師m」発表

この度、関東経産局製造産業課より戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)研究開発成果事例の発表がありました。H25からH27年までの3年間をかけてじっくり開発を行いました。昨日、日刊工業新聞社からΣ軍師mという商品名(登録商標、特許申請済み)で記事掲載されました。その内容を本サイトバナー欄に添付いたしますのでご覧ください。採択またご評価いただいた経産省様、並びに事業管理機関(株)KSPのご関係者様に心より感謝申し上げます。工作機械の制御装置はIOTの普及で国際的に開発競争が激しくなっています。製造業のロボット化や省人化はグローバル展開や国際競争を勝抜く上で基盤技術であり、日本としても負けられない分野です。今後、単なる工作機械の制御装置にとどまらず、ロボット含めた複合生産設備や自動機ラインの制御装置、多軸ロボットの制御装置これからもベンチャー企業として果敢に新技術開発に挑戦し、お客様企業、日本の発展のために社会貢献していく所存です。