2019.02.26

金型管理クラウドによる金型廃棄・履歴管理サービス

この度KMCは、川崎市「生産性向上・働き方改革モデル創出事業」の採択されました。事業は、川崎市内の中小・零細企業様を対象に、金型の廃棄や所在・履歴管理に課題を持つ成形事業者と連携した「金型管理クラウドサービス」を展開する。

 

経産省・中小企業庁も中小成形事業者などに金型保管料未払いや、廃棄通知をしない製造メーカを対象に調査に乗り出している。KMCは先んじて高津工友会メンバー会社と、QR銘板による金型管理と金型管理システム運営して定価価格で共同利用を促すクラウドサービスを提供を始めた。

 

このIoTシステムの中小企共同利用は、今後「川崎モデル」として全国に発信される。

 

ソリューション企画推進本部 

リーダー 黒羽根 悠