2019.03.08

KMC、IoTソリューション販売強化 コニカミノルタと販売提携

KMCは、M-Karte(製造業向けIoT電子カルテシステム)の販売について、コニカミノルタ株式会社と販売提携をしました。

 

KMCM-Karteは、既にコニカミノルタの国内5拠点、中国・マレーシアの4拠点に導入されています。今回の販売提携によりコニカミノルタを通じ、国内外の協力会社、サプライヤーにも、同システムを販売していきます。また、KMCは、2017年にコニカミノルタの生産拠点のひとつであるマレーシア・マラッカへKMCS(M)KMCソリューションズマレーシア)を設立し、サプライヤーが集結したSICスマートインダストリーセンター)等へのIoTシステムの運営サポートを開始しております。KMCS(M)は、今後、ベトナム、タイ、シンガポールなどの東南アジアへの販売、技術サポート拠点として拡大し、コニカミノルタと協力しながら、主力のIOTシステム:M-Karteの販売、保守サポートおよびM2Mシステム「Σ軍師」含めたソリューションを展開していきます。KMCは、今後グローバルに展開する日系企業を中心に、中国の販売パートナーやの他の大手ソリューションパートナーとも協力し、日本、アジア、中国へのIoTシステムの販売を強化します。

 

KMC2010年に創業し、IoTM2MシステムであるM-KarteとΣ軍師、ナレッジ電承システムを独自に開発し、コニカミノルタ様、大手自動車メーカ様、アルパイン様、EXEDY様、エヌエスエス様、山口製作所様など大手・中小製造メーカに販売実績を積み上げてきました。現場目線のソリューションが特色で、かゆい所に手が届くシステム開発と、IoT導入の最大の課題である「古い既存設備からのデータ取得」もM2M設計からPLCなどとの接続工事までワンストップで対応しているのが強みとなっております。また、人手不足や改善の行き詰まり感がある製造現場の改革ニーズに対して、スマートエンジニアリングという新たなIoT導入、分析手法を用いて効果的なソリューション運営が導く技術コンサルテイングサービスといったKMCIoT取り組みが評価され導入が拡大しています。

 

2019年3月8日

株式会社KMC ソリューション企画推進本部

本部長 猪瀬 浩行