2019.03.25

コンパクトM2Mシリーズ:∑軍師、FUTABAのマーシャルシステムと連携

KMCは、IoTM2Mを製造現場へのスモールスタートバージョンとしてコンパクトM2MIOTシリーズの「Σ軍師e」を発表しました。Σ軍師eには樹脂成型現場向け「INJ-Package」とプレス現場向けPRS-Package」の二つを用意しました。今回の発表は、双葉電子工業様の金型センサー「モールドマーシャルシステム」による金型状態監視機能と「Σ軍師e」の成形機、周辺機器の成形条件監視に加えたワンストップで成形のリアルタイム監視ができるようにコンパクトM2Mシステム構成となります。

 

軍師eは、汎用コンピュータによる運用が可能で、更にIoTモジュールを追加することで時系列的な監視や各監視項目の複合監視が可能となりタブレットなどで外部モニターでの見える化、共有化が可能になっている

 

KMCは、古い機械からメーカ違いまでの現場目線の相談に真摯に対応します。

 

ソリューション企画推進本部 MG 福島