2019.07.24

プラスチックエージ8月号に掲載 「コンパクトM2M・IoT「Σ軍師e」による射出成形の 製造データ収集・監視・分析」

最近、射出成形業者から不良を削減したい、成形中の製造データを監視して異常を即時キャッチし、生産を止めてチェックしたい、また、その原因を調べて再発防止のための分析をしたい可能なら、予知・予防保全をしたい。との声が多い。従来、成形機からの製造条件取得だけとか、一部の金型にセンサー付加だけとか、中途半端なデータ取りが目立ち、実質の不良削減の効果はない。KMCではその課題解決手段として「Σ軍師e」による温調機、乾燥機、ホットランナー、金型等全ての機器のデータを一括して取得し、監視、分析を行うシステムを開発した。この4月から既に出荷を開始した。

ソリューション企画推進本部 福島

プラスチックエージ8月号