2020.03.10

機械と工具3月号掲載 部品加工と加工設備のIoT・M2Mセンサ

日本工業出版「機械と工具3月号」に「部品加工における次世代IoTM2Mシステムの技術動向とその適用事例」と題して、無線センサタグとその応用事例を紹介しています。

 

どうしてもIoTM2MSmart Factory」というと高額なシステム、導入の難しさが先に立ち導入に躊躇してしまうユーザーが多い。そこで、手軽に設備センシングからできるように48万円という低価格な無線式センサタグ「STETHOSCOPE」を新発表した。そのセンサーを活用したインテリジェント金型、機械加工、プレス、成形機等の設備保全システムによるチョコ停、ドカ停防止、始業点検レスなどの取り組みを紹介しています。

 

(株)KMC 代表取締役社長 佐藤 声喜 工学博士

 

機械と工具3月号